www.AOYAGIKAN.com
Home  Profile  Team Movie  Contact 


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.04.07 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


ブルボンKZ 東日本リーグ 初優勝

3月30日に東日本リーグ決勝戦が行なわれました。
決勝戦は稲泳会と12対7で初優勝をすることができました。

2013_03_30_0144

2013_03_30_0156

2013_03_30_0180

正直、1ピリオド目から全力で泳ぎぶつかってきてくれる稲泳会に関心をいたしました。
彼らのおかげで刺激的な試合をすることができました。

2013_03_30_0176

2013_03_30_0239

2013_03_30_0297

今年は昨年度日本選手権優勝監督のセルジオ監督を東日本リーグから招聘し、日本選手権まで8ヶ月間契約することができました。

2013_03_30_0210

2013_03_30_0222

2013_03_30_0228

「常勝チームとして、そして、チャンピオンらしいプレーを心がけなさい」と指示をされ、試合に臨んだものの強いチームを作るにはまだまだ時間がかかりそうです。

2013_03_30_0332

今回の東日本リーグで初優勝を果たしたものの、前回チャンピオンの全日体大の東日本リーグ不参加は、試合が出来なかった事、私たちだけではなく他の上位チームの強化に対しても、かなりの影響を及ぼしたことは、本当に残念でなりません。


私たちはこれからもセルジオ監督と共にどんどん強化を図っていきたいと思います。


新潟産業大学 東日本リーグ 5位

2〜3月の間で東日本リーグが始まりました。
今回8位スタートの新潟産業大学ですが、結果5位まで成績を上げることができました。
今までの練習の成果がようやく出始め、選手は頑張ってくれました。

2013_03_09_0483 

2013_03_09_0206 

試合内容には、まだまだ改善しなければいけない課題が多くありました。
これらを6月に行なわれる関東学生リーグまでには出来るだけ改善し、ベスト4入りを狙っていきたいと思います。

2013_03_09_0199 

2013_03_09_0168

これからシーズンイン、楽しみです。


今年のスキー合宿

 今年も質の良い雪が降りました。
毎年行なっているスキー合宿へブルボンKZ選手と新潟産業大学水球部員全員で行ってきました。

写真

と言っても、柏崎から45分で大きなゲレンデへ到着します。
日帰りでも良いのですが、あえて泊まり温泉に入り、みんなでどんちゃん騒ぎをするのが、チームを1つにします。

毎年の事ですが、ゲレンデへ到着すると後は自由行動です。始めは初心者講習に行く選手も帰る事にはノンストップで滑れるようになります。

少なくとも新潟に来るとスキーは滑れるようになりますよ。笑


みらいのつくりかた

年末年始海外にいて、見ることができませんでしたが、バックナンバーでご覧になれます。

スクリーンショット 2013-02-17 23.47.38




あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。
今年も頑張ってブログ更新していきますので、皆様よろしくお願いいたします。

私の年末年始は、ヨーロッパで過ごすことになりました。
行ったことのない国を探す方が難しくなってきましたが、それでも以前から行ってみたいと思っていた国、スウェーデンとフィンランドへ行ってきました。

スウェーデンはストックホルムです。

R1017733

ストックホルムというとノーベル賞授賞式で有名ですが、IPS細胞で賞を取られた山中教授のインタビューをテレビで見て、一度行ってみようと決断。どのようなところか知るには足を運ぶのが一番です。

R1017750

到着して驚いたことは、3時過ぎには日が暮れてしまうことです。1日の3分の2は夜ですが、それでも街には活気があります。どの家も間接照明で窓を照らし街が一段と綺麗に見えます。

年越しは船の中です。移動してフィンランドの首都ヘルシンキへ。

R1017902

年越しは大騒ぎでしたが、朝起きるとフィンランド到着。

R1017975

ストックホルムも寒かったですが、ヘルシンキは更に寒く、川や海は全て凍りついてしまっていました。

R1017976

どちらの国でも会う人全員が英語を話せます。語学力というのは本当に大切だなと実感しながらも、少しフィンランド語を勉強。
特にフィンランド語はヨーロッパの中でも特に難しいようです。

R1017935

スウェーデン料理やフィンランド料理を食べるのも1つの楽しみでした。

R1017937

日本ではなかなか食べる事ができない、トナカイの料理や熊の肉、雷鳥など、こちらでは普通に食べるようです。

R1017948

日々忙しく海外へ行く暇がありませんでしたが、日本にいるとやはり海外での感覚、考え方など鈍ってしまいます。今回の旅行はよい刺激になりました。夏にも一度来てみたいものです。


Road to 本場の味

最近キムチにハマっています。
辛い食べ物は好んで食べなかったのですが、一度韓国人選手のジョンの家に行ったとき、飲み物を貰おうと冷蔵庫を開けると、上の段から下の段まですべてキムチで埋め尽くされており、その衝撃的な光景から私も少しずつキムチを食べるようになりました。

IMG_0426

スーパーでは様々なメーカーのキムチが販売されており、食べては違うメーカーのキムチを買って、順番に味見していくのが楽しみになってきました。

かなり種類のキムチを食べてきたので、そろそろ本場の味に挑戦できるかなと、ジョンにキムチを分けてもらいましたが、辛過ぎて・・・しかも、臭みがありすぎて・・・食べれませんでした・・・

話に聞くところジョンのお母さんが1年間漬け込んだ手作りのキムチらしく、くせがあるからKANには無理だと言われるのを、「昔の俺じゃない」と言って挑戦したものの、笑われてしまいました。

まだまだ、本場の味を知るまでの道のりは長そうです。


2度目の手術

日本選手権1週間前に、練習試合でシュートを打った手がデフェンス選手の頭に当たり、右手甲の骨が縦真っ二つに折れてしまいました。

即手術と言われ日本選手権出場が絶望だと思われましたが、「今年の日本選手権にかける想いを知っているので、手の骨が砕けても治してあげるから行って来い!!」とチームドクターの心強い言葉で出場することができました。選手の気持ちをよく理解して判断してくださったドクターに本当に感謝しています。

今まで手術が必要な骨折は体験したことがありませんでした。腫れ上がった手は手の平までも猫の肉球のように腫れ上がってしまったため、痛いというよりもボール自体持つことができず驚きました。

試合前の数日間は、とりあえずボールをなんとか持てるようにと、この腫れを引かせるために右手は氷づけでした。何とか試合に間に合い、チームには大変迷惑をかけました。

R1017723

R1017722

優勝後、次の日から私は入院でした。
今回はプレートを入れてボルトで固定するという手術で、今年だけで2回も手術をするとは思いませんでした。

IMG_2311

手術を終えて1ヶ月半、傷も随分と綺麗になり、やっと指が少しずつ曲がるようになってきました。

今回のケガが丁度、日本選手権という大きな試合と重なり、何もできない私はチームメイトに頼るしかありませんでした。最近では他の選手に頼るということをしなかった私が自分を見直す良いチャンスを頂いたと思います。

2002年のアジア大会で日本代表が28年ぶりに中国を破ったときの日本代表を思い出しました。そこにはお互いを尊重し、自分ができないことは他の選手に任せるという信頼関係が築かれていました。そういうものが築かなければチームは勝つ事ができません。私は今までチームメイトを信頼していたか、何でもかんでも自分で解決しようと思っていなかったか、大切なことに気づかされ、学ぶことができました。


嬉し涙

今シーズンは選手で団結をするために、できる限り共に過ごす時間を多くしました。

IMG_0504

優勝後に選手だけで行なった祝勝会では、選手の大半が感極まり涙を流し、そのような姿の皆を見るのは初めてでした。

嬉しくて涙を流す。そう簡単にできることではありません。

今までの内に込めていた各々の熱い気持ちを選手同士が改めで知ることができ、チーム力は更に増した気がします。これから常勝チーム「ブルボンKZ」が始動です。


日本選手権優勝

10月に行なわれました第88回日本選手権決勝で、10連覇を狙う全日本体育大学を8対5で破り、3度目の挑戦でやっと優勝をすることができました。 

勝因は3つあります。

1つ目は柏崎に選手が集まってくれたことです。
今年は15名の登録選手の中、12名が柏崎に移り住み活動をしてくれました。同じ釜の飯を食い、楽しいことも、辛いことも分かち合いながら練習をすることでチームは強くなると信じ、結果がやっと実りました。
    DSC03073

DSC03087

DSC03111-1

DSC03264

DSC03885-1

DSC03569

2つ目は、練習時間の確保です。
社会人になり「仕事と競技の両立」は、想像以上に心身に負担がかかり、日々疲労との戦いです。その中で、選手の雇用を頂いた企業に協力を依頼して、日々の練習の他に週2回の朝練習や地元で強化合宿を定期的に行い、練習時間を今まで以上に確保できたことです。

DSC03500-1

DSC03730

DSC03915-1

DSC04001

DSC03994

DSC04025

DSC04064

3つ目は、セルジオ・ランツァ監督の招聘です。
セルジオは私に海外で水球プロ選手になるチャンスを与えてくれた監督です。
彼が私を日本から引き抜いてくれた2004年シーズン開幕前、2部の最下位スタートであったA.S.Dベルガモは、「日本人を雇って血迷っている」と多くの他のチームやファンからも非難を受けました。彼が私にその時「KANの実力は私が一番知っている。私は今、ポーカーをしていて、誰も私がジョーカーであるKANを持っていることを知らないだけだ」と言ってくれたことがありました。その年、チームは1位まで浮上し、私はシーズン得点王に輝きました。

今度は私が彼を日本に招聘し、柏崎に着くと私にこう言いました。
「KAN、次は私がジョーカーになる番だ」と。

彼がチームを指導したのは1ヶ月。選手は私と彼の信頼関係を見て、すぐに彼を信頼するようになり、大きな力が生まれました。

DSC03975

DSC04050

DSC04219

DSC04299

東京まで多くのブルボンKZの応援団に駆け付けて頂きました。本当にありがとうございました。
この優勝は柏崎の皆で勝ち取ったタイトルです。大切にしたいと思います。


週末のBBQ

実は5月から柏崎では「はまぐり」リーズンが始まります。しかも練習プールのすぐ前のビーチではザクザク取れるわけです。

そこで、夕方の空いた時間でジョンとソンを連れてはまぐりを採りに行きました。

写真

手で探っても、足で探っても、はまぐりが取れるので調子に乗っていると、ジョンが蟹に指を挟まれ大笑いでした。

R1017602

大きいもので15cm、見た事も無いほどの大きさです。
夜はそのまま家の庭でバーベキュー、これが柏崎流、最高なわけです。

R1017594

R1017603

こういう友が一生に友になり、国境を越えた友人ができる事は、私の一生の財産になると思います。

R1017592




Profile



名前    青柳 勧 [あおやぎかん]

生年月日  1980年8月19日

身長    185cm

体重    92kg

所属    新潟産業大学

ポジション フォワード





Sponsor

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Selected entries


Archives



Search this site.


-->

Others



































































































































Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM